私の写 仏 画
                              仏教入門のページに戻る

写仏画 『勢至菩薩』軸装         2018.11.24 香華の会
写仏画 紺紙金泥 『十三仏』       2018.11.24 香華の会
写仏画 『不動明王』            2017.11.25 香華の会
写仏画 紺紙金泥 『地蔵菩薩』     2016.11.16 香華の会
写仏画 『阿弥陀如来坐像』       2016.7.5 県立天心記念五浦美術館
写仏画 紺紙金泥 『不動明王』     2015.11.14 香華の会
写仏画 『観世音菩薩立像』      2015.8
写仏画 紺紙金泥 『観音菩薩座像』  2014.9.10
写仏画 『観世音菩薩胸像』     2014.7.23
写仏画 『不動明王』         2013.12.18

トップページに戻る
  
勢至菩薩
M25号)



無碍光仏のみことには
未来の有情利せんとて
大勢至菩薩に                   
智慧の念仏さづけしむ
<正像末和讃 第269偈>


 
十三仏
(25号)


釈迦如来像を中心に
中心から左上の阿弥陀如来から右時計回りに
虚空蔵菩薩、観音菩薩、文殊菩薩、大日如来、
勢至菩薩、不動明王、弥勒菩薩、普賢菩薩、
地蔵菩薩、阿閦如来、薬師如来の各像

 
不動明王






 
地蔵菩薩





 
阿弥陀如来坐像



H28年6月謹写


観世音菩薩立像


平成27年8月謹写
  
紺紙金泥 不動明王

「香華の会」展示会作品
平成27年11月14日 
日立市助川コミュニティ・センター

 
写仏画 「紺紙金泥 観音菩薩座像」


紺紙は天平時代から写経に使われてきました。
雁皮(がんぴ)で作られた紙に紺の着色料で染められた、
絹、麻や楮(こうぞ)と違って、日本独特の用紙です。
この紺紙に金泥で描いた観音菩薩の座像です。


 kannon_bosatu_kyouzou
写仏画『観世音菩薩胸像』

仏画教室に平成24年10月から通い始め、
仏画師から各週水曜日、1日2時間の教室で
仏像の観察と仏画の描き方を教えていただいている。
写真の観世音菩薩胸像は3か月ほどかけて一応出来
上がり。仏像の描き方にはいろいろな約束事がある。
基礎的な儀軌(ギキ=仏像のきまり)を学ばなければ
ない。お釈迦様の造形化には長い歴史があり仏への
深淵な想いを仏画師たちは絵筆に託してきた。




 butuga_fudoumyou_ou
写仏画 不動明王


記念五浦美術館で安達原玄仏画美術館の作品仏画展
を見て感動。香華の会の日立教室に入会して、
1年目で描いた写仏画がこの「不動明王」です。


ページのトップに戻る